XMの口座開設の手順をわかり易く解説【エターナルシステム導入】

XMでは、以下の項目を入力または選択するだけで、数分で簡単に口座開設ができます。

  • 個人情報(登録者名、住所、メールアドレス等)
  • 取引口座(口座タイプ、レバレッジ等)
  • 投資家情報(雇用形態、年収等)
  • 口座パスワードの設定

本人確認書類などのアップロードは、口座開設後で大丈夫です。

エターナルシステム導入のためのXMの口座開設手順を、画像付きで詳しく解説します。

XMの口座開設の手順

それでは早速、XMの公式サイトを開いてみましょう。
トップページの「口座を開設する」を選択します。

「リアル口座の登録 1/2」と言う画面に移動します。
最初は「個人情報」の入力です。

下のお名前 あなたの下の名前をローマ字で入力します。
(例)Taro
あなたの名字をローマ字で入力します。
(例)Yamada
居住国 デフォルトでJapanが選択されているので、変更する必要はありません。
希望言語 あなたが普段使用している言語を選択します。
電話 日本の国番号(+81)が入力されているので、続いてあなたの電話番号を入力します。
Eメール あなたのEメールアドレスを入力します。

続いて、「取引口座詳細」の入力です。

取引プラットフォームタイプ 「MT4」を選びましょう
口座タイプ 口座タイプは「スタンダード」を選択しましょう

ここまで入力が終わったら、「ステップ2へ進む」を選択して、次に進みます。

「リアル口座の登録 1/2」が終わったら、次は「リアル口座の登録 2/2」です。
最初は「個人情報」の入力です。

下のお名前(全角カナ表記) 下の名前を全角カナで入力します。
(例)タロウ
姓(全角カナ表記) 名字を全角カナで入力します。
(例)ヤマダ
生年月日 日月年の順で、プルダウンメニューから選択します。

続いて、「住所詳細」の入力です。

※住所詳細で入力する住所は、のちにアップロードする現住所証明書類と同じ住所を入力する必要があるので、ご注意ください。

都道府県・市 お住いの都道府県を入力します。「市」とありますが、市区町村は後に書くので、ここでは書かなくて大丈夫です。
(例)Ishikawa
番地・部屋番号 番地や部屋番号を入力します。
(例)1-1-1
区町村・町名 英語表記なので、「町名→市区町村」の順で入力します。
(例)Hirosaka Kanazawa-shi
郵便番号 郵便番号をハイフンなしで入力します。
(例)9200962
納税義務のある米国市民ですか? 「はい」か「いいえ」をプルダウンメニューから選択します。

続いて、「取引口座詳細」の入力です。

口座の基本通貨 プルダウンメニューから選択します。主に日本円で生活されている場合は、入出金の時に為替変換のないJPYを選択すると良いでしょう。
レバレッジ レバレッジは「1:888」を選択しましょう。
口座ボーナス ボーナスを受け取るか受け取らないかの選択ができます。受け取りを希望する場合は、間違いなく「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択しましょう。

次の入力項目は「投資家情報」です。

以下の項目を、プルダウンメニューから選択していきます。

  • 投資額 (USD)
  • 取引の目的および性質
  • 雇用形態
  • 学歴
  • 所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか?
  • 純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか?

これらはおおまかなもので構いません。

ただし、XMには「口座残高によるレバレッジ規制」と言うものがあり、残高が200万円を超えると、レバレッジが200倍に規制されます。投資額は「0-20,000」を選択した方が良いでしょう。

続いて、「口座パスワード」の設定です。

小文字、大文字、数字の3種類の文字を含めた、推測されにくいパスワードを設定してください。

最後に「確認」です。

項目にチェックを入れ、「リアル口座開設」を選択しましょう。

クリックすると、「口座開設確認」の画面が表示されます。

すぐにXMから登録メールアドレス宛に、メールアドレスの確認メールが送られてきます。

「Eメールアドレスをご確認ください。」をクリックしてメールアドレスの認証ができたら、口座開設完了となります。

短い時間、そして簡単な手続きで口座開設できますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

Posted by enokoro